• Facebookシェア

お知らせ

  1. チョーヤトップページ
  2. お知らせ
  3. 入梅の日は「梅酒の日」
ツイート | Facebookシェア | LINEで送る
お酒に関する情報を共有します。お客様は20歳以上ですか?はいいいえ
お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。戻る
  • Facebookシェア
2004年06月10日ニュースリリース

梅酒を飲んで夏を元気に過ごしましょう。 入梅の日は「梅酒の日」

チョーヤ梅酒では、今年から6月の入梅(にゅうばい)の日を「梅酒の日」と制定(日本記念日協会認定)することに致しました。

入梅とは雑節(節分や八十八夜など)の一つで、太陽黄経が80度となる日。毎年6月10日~11日がその日にあたり、現在のような気象情報が発達していなかった昔ではこの日から梅雨入りとしたそうです。
この頃から食中毒や夏バテ対策として梅酒を飲用し、また梅酒の原料である青梅の収穫がピークを迎え梅酒を造る時期でもあることから、チョーヤ梅酒では梅酒にかかわりの深い、入梅の日を「梅酒の日」とすることにしました。

また、今年は12年に1回の申年にあたり、縁起が良いとされる「申年の梅」の収穫年です。「申年の梅」とは民間伝承で、平安中期、人皇第62代、村上天皇の天徳4年(960年)は申年(庚申かのえさる)の年でした。その年は都に悪疫が流行り、天皇ご自身も病に倒れられましたが、梅干と昆布茶でたちまち快癒されたというお話があり、以来「申年の梅は薬になる」となったと伝えられています。

皆様も「梅酒の日」に縁起の良い申年の梅を使って梅酒をお造りになりませんか?梅酒は漬けてからおよそ3ヶ月で飲めるようになりますが、そんなに待てないといわれる方におすすめなのがチョーヤの梅酒です。
チョーヤの梅酒は全て国産の梅を使用し、酸味料や香料などを使わず、じっくり熟成、手間隙かけて造られています。チョーヤ梅酒で夏を元気に過ごしましょう。

梅酒一覧ページへ

一覧に戻る

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。飲んだあとはリサイクルへ。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 / Copyright © CHOYA UMESHU CO.,LTD. All Rights Reserved.
ページの先頭へ